投資家情報 | 経営方針ディスクロージャーポリシー

適時開示に係る企業姿勢

当社企業グループは、「野村不動産グループ企業理念」及び「野村不動産グループ倫理規程」の下、社会の一員として社会的責任を果たすため、適時、的確、適切な情報開示に努めます。

適時開示に係る開示体制

会社情報の収集

当社の会社情報については、当社各部門担当者から情報収集担当部門(経営企画部)を通じて、情報取扱責任者(コーポレートコミュニケーション部担当役員)に情報を集約しております。また、グループ各社の会社情報については、グループ会社担当者から情報収集担当部門(経営企画部)を通じて、情報取扱責任者(コーポレートコミュニケーション部担当役員)に情報を集約しております。緊急性の高い「発生事実」については、リスクマネジメント委員会委員長を通じて、情報取扱責任者(コーポレートコミュニケーション部担当役員)に情報を集約しております。

会社情報の適時開示の要否判断

上記体制による集約された会社情報について、適時開示の要否について判断を要する場合、情報取扱責任者(コーポレートコミュニケーション部担当役員)は、関係会社管理担当役員に報告を行うこととしております。関係会社管理担当役員は、必要に応じて、関係部署の部長、担当役員等の中から機動的に情報開示検討チームを編成し、適時開示の要否、開示内容等について検討を行い、適時開示の要否判断と行うとともに、代表取締役社長に報告することとしております。

適時開示

適時開示規則上、開示しなければならない会社情報または適時開示が必要と判断された会社情報は、情報取扱責任者(コーポレートコミュニケーション部担当役員)の指示により、適時開示担当部門(コーポレートコミュニケーション部)において、適時開示作業を行います。適時開示に当たっては、適時開示担当部門(コーポレートコミュニケーション部)が公表資料を作成し、情報取扱責任者(コーポレートコミュニケーション部担当役員)の承認のうえ、公表いたします。なお、金融商品取引法に基づく「フェア・ディスクロージャー・ルール」を遵守し、公平な情報開示に努めます。

適時開示体制のモニタリング

当社は、内部監査業務を行う部署として、グループ監査部を設置しております。グループ監査部は、上記に記載した適時開示体制の整備運用状況に関するモニタリングを行います。また、各監査等委員は、取締役会等の当社の重要な会議体へ出席する他、監査等委員会が選定する監査等委員は、取締役等からの報告聴取、書類の閲覧などの方法により、上記適時開示体制が適正に機能しているか、調査を実施致します。
以上の体制の下、開示情報の正確性及び適切性の維持向上に努めます。

適時開示体制図

 適時開示体制図PDF 162KB
 取引所規則の遵守に関する確認書 [174KB]PDF 174KB