会社案内会社概要・沿革

野村不動産ホールディングス 概要

商号 野村不動産ホールディングス株式会社(Nomura Real Estate Holdings, Inc.)
設立 2004年6月1日
資本金 1,165億9,882万8,900円(2016年3月31日現在)
代表者 取締役社長 沓掛 英二
トップメッセージ
本店所在地 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号
アクセスマップ
代表電話番号 03-3348-8878
事業目的 株式の所有を通じたグループ会社の事業活動の管理及び経営指導
従業員数 6,233名(2016年3月31日現在、連結ベース)
決算業績 財務ハイライト

沿革

2004年6月 東京都新宿区に「野村不動産ホールディングス株式会社」を設立
2004年10月 「野村土地建物株式会社」から「野村不動産株式会社」の発行済株式全部の現物出資を受け、持株会社としての業務を開始
2004年12月 会社分割によりグループ再編を実施し、ホールディングス体制を確立
2006年6月 「株式会社プライムクロス」を設立
2006年10月 東京証券取引所市場第一部に上場
2007年2月 「野村不動産レジデンシャル投資法人」が東京証券取引所に上場
2007年7月 「株式会社ジオ・アカマツ」がグループ入り
2007年11月 「株式会社メガロス」がジャスダック証券取引所に上場
2008年12月 「NREG東芝不動産株式会社」がグループ入り
2010年12月 「野村不動産リフォーム株式会社」を設立
2011年10月 グループ内の資産運用会社3社が統合し、「野村不動産投資顧問株式会社」が誕生
2013年6月 「野村不動産マスターファンド投資法人」が東京証券取引所に上場
2014年4月 グループ内の管理会社2社が統合し、「野村不動産パートナーズ株式会社」が誕生
2015年4月 シニア向け住宅の開発、運営を行う「野村不動産ウェルネス株式会社」を設立
2015年10月 3つのREITが統合し、総合型の「野村不動産マスターファンド投資法人」が上場
2015年12月 「NFパワーサービス株式会社」を設立

野村不動産株式会社の沿革(ご参考)

1957年4月東京都中央区に野村不動産株式会社を設立
1961年5月神奈川県鎌倉市梶原地区で用地買収に着手、デベロッパーとして宅地開発業務に進出
1963年10月横浜市中区で分譲マンション「コープ竹の丸」を着工し、マンション分譲業に進出
1970年1月野村證券株式会社の店舗・社宅・寮の賃貸・管理業務を野村土地建物株式会社に、それ以外の不動産業務を野村不動産株式会社に継承するために、野村住宅産業株式会社(野村不動産株式会社に商号変更)を設立し、営業譲渡
1978年5月東京都新宿区に「新宿野村ビル」を竣工し、本社を同ビルに移転
1988年3月民間単独では最大級の業務系開発〈横浜ビジネスパーク(YBP)〉を着工
1994年3月広島西部丘陵都市〈西風新都〉「A.CITY ヒルズアンドタワーズ」分譲開始
1996年6月不動産特定共同事業法を活用した宅地開発事業「み春野プロジェクト」に着手
1999年12月オーダーメイドマンションの第1号物件となる「深沢ヒルズ」を竣工
2001年4月社内カンパニー制を導入(「住宅」「法人」「資産運用」の3カンパニー)
2002年12月住宅の統一商名・サービスブランド名「PROUD(プラウド)」を発表
2003年12月野村不動産オフィスファンド投資法人が東京証券取引所に上場
2004年6月 東京都新宿区に「野村不動産ホールディングス株式会社」を設立
2004年10月野村不動産ホールディングス株式会社による持株会社体制へ移行
2005年4月収益不動産開発事業<<イオン八千代緑ヶ丘ショッピングセンター>>オープン
2005年7月不動産証券化商品を対象とした投資顧問事業を行う「野村不動産投資顧問」設立
2006年10月野村不動産の持株会社である「野村不動産ホールディングス株式会社」が東京証券取引所市場第一部に上場

グループ会社の沿革は、各社のホームページでご覧頂けます。
グループ企業一覧

定款

野村不動産ホールディングス株式会社 定款PDF 194KB