CSR野村不動産グループのCSR

当社グループのCSRについて

野村不動産グループでは、「企業理念」かつ「CSR活動を推進していくための考え方」を、「私たちの約束」としてまとめており、経営戦略とCSR活動の一体推進を図っております。また、当社グループが貢献できる社会課題として、「安心・安全」、「環境」、「コミュニティ」、「健康・快適」の4つの重点テーマを抽出しています。

私たちの約束

あしたを、つなぐ

私たちは、人、街が大切にしているものを活かし
未来あしたにつながる街づくりとともに
豊かな時を人びとと共に育み
社会に向けて、新たな価値を創造し続けます。

4つの重点テーマ

  • 安心・安全
  • 環境
  • コミュニティ
  • 健康・快適

CSR推進基盤

人材多様な人材の育成

マネジメント体制コーポレートガバナンス/コンプライアンス/リスクマネジメント

CSR重点テーマの特定について

当社ではCSR活動における重要課題を特定・優先順位付けし、CSRを推進する上での指針としています。

重点テーマの検討
GRIガイドライン第4版で開示された重要な側面等を参考に、当社事業と社会課題などを勘案し、重点テーマの候補を選定。
初期抽出
上記の候補について、取締役・社外取締役・執行役員などで構成されているCSR委員会において、自社への影響度(事業との関連度合いやリスクの大きさなど)の議論を経て、当社に関連する重点テーマを仮設定。
ステークホルダーにとっての重要テーマの特定
上記、重点テーマについて、ステークホルダーへのアンケートを実施。アンケート回答者は、社員、当社グループ分譲マンション・戸建への入居者、ゼネコン、機関投資家、CSR専門家(全般)、CSR専門家(SRI投資関連)、NGO・NPO法人(環境関連・地域社会・建築など様々な分野)・学生 など。
CSR重点テーマの設定
これらのステップを経て、自社とステークホルダーの双方にとっての重要度から候補に挙げた重点テーマをマッピングし、当社が特に重視すべきテーマを4つ選定。
※横スクロールで内容を表示できます。
安心・安全社員による躯体検査の様子 環境プラウドシティ元住吉の中庭 コミュニティ入居者さま向けクリスマスパーティーの様子 健康・快適シニア向け運動プログラム提供の様子
社会課題 自然災害への対応、不動産ストックの老朽化対策、都市再生への期待など 環境問題やエネルギー不足への対応 少子高齢化などにともなって人や地域のつながりが希薄化し、地域コミュニティの機能が低下 高齢化社会の到来、余暇時間の増大、価値観やライフスタイルの変化などを受けた人びとの健康・快適への関心の高まりと、ニーズは高度化、多様化
当社グループのアプローチ ハード面における取り組み(先端技術の導入、建築品質の確保、街づくりにおける都市機能の向上など)に加え、ソフト面(防災計画、BCP、アフターサービスの充実など)でも安全品質の向上に努めています。 事業を通じた環境負荷低減策として、先進環境技術や情報通信技術の導入、自然との共生によるパッシブデザインや創エネルギーなどに努めています。また、イベントやタウンミーティングを通じた環境教育などにも取り組んでいます。 「都市型コンパクトタウン」などの街づくりや、共助、多世代交流を促す仕組みづくりなど、コミュニティの持つ多様な価値観を活かしながら、事業地域およびそこに「住まい」「働き」「集い」「憩う」人びとと共に、活力のあるコミュニティづくりに取り組んでいます。 スポーツを通じた健康増進、シニア住宅の開発、さらにユニバーサルデザインの推進やコミュニティへの参画を促す仕組みづくりなど、人びとの健康で快適な生活の実現に取り組んでいます。
当社グループの具体事例 独自の「集合住宅設計基準」「集合住宅マニュアル」の運用
住宅における「プラウド標準防災マニュアル」の作成
オフィスビルテナントのための防災拠点の設置(PMO日本橋室町)
防災訓練の実施
独自の「プラウド環境評価シート」を策定、各物件の環境への取り組みを点数化し、環境配慮への取り組みを強化
ビルディング事業のPMOシリーズにおいて、CASBEE(建築環境総合性能評価システム)Aランク以上を取得する方針
スマートタウンの推進
「 マンションコミュニティガイド」の発行のほか、各マンションでの夏祭り・クリスマス会などコミュニティ形成を支援
地域交流の一環として、横浜ビジネスパークにて「ホタルがすむ街づくり展2015」を開催
オフィスビルテナント向けの研修・セミナーや交流イベントの開催
運営しているスポーツクラブにおいて、地域ニーズに合った各種健康増進プログラムを開催
「 ユニバーサルデザインガイドブック」を作成し、当ガイドブックを指針としたユニバーサルデザインの推進を強化

CSR推進体制

当社グループでは、CSR経営の一層の強化・推進を図るため、CSR委員会を設置しています。委員会は、取締役会で決定された執行役員および社外取締役で構成され、CSRに関する方針、活動計画の審議、決定などを行っています。また、下部組織としてCSR推進会議を設置しています。推進会議においては、活動計画の実践・管理・グループ各社に対するCSR意識の浸透を促進を行っています。2016年度は「CSR委員会」及び「CSR推進会議」を6回開催しております。

  • HOME
  • CSR
  • 野村不動産グループのCSR