CSR編集方針

本CSRサイトは、グループのCSRに対する考え方や取り組みについて、ステークホルダーの皆さまに、誠実にわかりやすく報告することを目的として制作しています。

作成にあたっては、GRI(Global Reporting Initiative)「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン第4.0 版」とISO26000「社会的責任に関する手引き」を参考にしています。

報告対象期間

2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)

※ 一部内容に2015年度以前、または以降の活動と見通しについても掲載しています。

報告対象範囲

野村不動産ホールディングスおよび野村不動産グループ企業(19社)

グループ企業:
野村不動産、野村不動産投資顧問、野村不動産アーバンネット、野村不動産パートナーズ、NREG東芝不動産、野村不動産ライフ&スポーツ、野村不動産熱供給、ジオ・アカマツ、野村不動産リフォーム、野村不動産ウェルネス、野村不動産アメニティサービス、NREG東芝不動産ファシリティーズ、プライムクロス、NF パワーサービス、ファースト リビング アシスタンス、NOMURA REAL ESTATE HONG KONG LIMITED、野村不動産諮詢(北京)有限公司、NOMURA REAL ESTATE ASIA PTE.LTD.

更新時期

2017年9月

次回更新予定

2018年9月

CSRサイト内の記述について

●本CSRサイトにおいて、「野村不動産ホールディングス」は野村不動産ホールディングス株式会社を、「当社グループ」は野村不動産ホールディングス株式会社および野村不動産グループ各社(19社)を示しています。
●本文に掲載している人名や会社名などは、原則として敬称を略しています。
●本CSRサイトに掲載した内容は、過去と現在の事実だけではなく、発行時点における計画や将来の見通しを含んでいます。これらは記述した時点で把握している情報に基づく仮定や判断を含むものであり、将来の活動内容や結果が掲載内容と異なる可能性があることをご了承ください。