コミュニティへの配慮と活性化支援

考え方・方針

野村不動産グループは、都市や街が社会的にも環境的にも持続可能であるためには、コミュニティが健全に機能し、街づくりの主体となって活動していくことが不可欠であると考えています。そのため、人口減少、少子高齢化、ファミリー世帯の減少、空き家の増加や過疎化などによるコミュニティの機能不全や活力低下、都市生活の基盤の脆弱化は、重要な社会課題です。このような認識のもと、当社グループは、行政やNPO、サプライヤーと協働し、コミュニティへの配慮と活性化支援を行っています。
また、不動産開発や街づくりにおいて、既存の地域コミュニティの皆さまの生活・事業環境に及ぼす影響に配慮し、悪影響を回避・低減するために、事業計画地において行政・地権者・近隣住民の皆さまに対して説明会を実施するなど、継続的な信頼関係の構築に努めています

マネジメント

マネジメント体制

当社グループは、品質管理・建築統括役員が責任者となり、コミュニティへの配慮と活性化支援を進めています。また、野村不動産ホールディングスおよびグループ会社の取締役などで構成される「CSR 委員会」(委員長:野村不動産ホールディングス代表取締役副社長 兼 グループCOO)にて、関連方針や活動計画を審議し、決定しています。同委員会では、コミュニティへの配慮と活性化支援についての目標を毎年設定し、進捗状況をモニタリングしています。

目標

当社グループは、コミュニティへの配慮と活性化支援を進めるために、次の2つの目標を掲げています。

・コミュニティを活性化する設計・デザインの拡充
・運営・管理におけるコミュニティ活性化支援

コミュニティを活性化する設計・デザイン

当社グループは、居住者やテナント企業などのお客さまが、入居後も長期にわたりコミュニティを育むことができるよう、コミュニティの育成と活性化を促す設計・デザインを推進しています。

「マンションコミュニティのためのデザイン手法100」

当社グループは、日本女子大学大学院との産学協同研究により「マンションコミュニティのためのデザイン手法100」(以下、「デザイン手法100」)を策定し、マンションの商品企画に反映しています。「デザイン手法100」は、当社グループが分譲したマンションの共用部の使用状況調査や「住み心地満足度調査」の結果を踏まえ、コミュニティを活性化するための設計・デザイン上の手法をまとめたものです。
居住者が一人ひとりのライフスタイルを大切にしながら、災害などの非常時には助け合うことのできる、快適なコミュニティの育成を目指しています。
「コミュニティデザイン100」

「デザイン手法100」を活用した中庭

テナント専用コミュニティフロア

当社グループは、「新宿野村ビル」(東京都新宿区)と「浜松町ビルディング」(東京都港区)に、テナント企業と当社グループの役職員専用のコミュニティフロアを設置しました。社内外交流と働く場所の選択肢を増やすことを目的とし、食事利用やコワーキングスペース、イベントスペースを提供しています。

コミュニティフロア「NEON(ネオン)」

運営・管理におけるコミュニティ活性化支援

当社グループは、入居後も長期にわたり、お客さまのコミュニティが健全に機能するよう、居住者・テナント企業を対象とした交流会や情報誌の発行などを行っています。2018年度は、住宅において入居前のハウスウォーミングパーティーを56件、オフィスビルにおいてテナント企業交流会を101件開催しました。

「PMO」テナント企業交流会

「マンション・コミュニティガイド」の配布

当社グループは、コミュニティ活動の企画から開催までのノウハウを掲載した冊子「マンション・コミュニティガイド」を管理組合に配布しています。

地域とつながる街づくり

当社グループは、お客さまが入居後も長期間にわたり地域の皆さまと信頼関係を築けるよう、開発段階からNPOや行政、地域コミュニティと協働し、コミュニティの育成支援および地域とつながる街づくりを目指しています。

南山区画整理事業地における街づくり

当社グループは、「プラウドシーズン稲城南山」「プラウドシティ南山」(東京都稲城市)の開発に当たり、「一般社団法人エリアマネジメント南山」と連携し、持続可能な街づくりを行っています。
特集をご覧下さい。

「BE UNITED 構想」によるコミュニティの活性化

当社グループは、「住み続けたい、行ってみたい街」とするために、地域や人々のつながりを醸成し、世代を超えた循環型コミュニティを創出することを目指し、「BE UNITED構想」に基づく街づくりを推進します。また、当構想を実現するための必要な活動を「ACTO」とし、分譲マンション「プラウドシティ日吉」(神奈川県)より随時導入します。

ACTOアクト

  • 活動拠点となる「まちの共用部」を設置
  • 街の共用部として、マンション居住者のみならず、地域との連携の場を提供します。
  • 街をつなぐ「エリアデザイナー」を配置
  • 当社グループ社員である「エリアデザイナー」が、連携し活動をサポートします。
  • エリアマネジメント組織を設立
  • コミュニティ活動を主導するエリアマネジメント組織を設立します。
  • 「街サイト」を開設
  • コミュニティ活動の情報発信など、地域の掲示板機能を果たし、ACTO同士をつなぎます。
  • 「街びらき」前から活動を開始
  • 街ができる前から、周辺地域との交流ネットワークの形成を目指します。

「オウカス船橋」と地域のつながり

当社グループは、健康支援と多世代交流の拠点として、サービス付き高齢者向け住宅「オウカス船橋」のフィットネスジムとカフェを定期的に地域に開放しています。

地域の皆さまへも健康プログラムを提供

公共交通機関へのアクセスの配慮

当社グループは、土地や物件の取得に当たり、お客さまやコミュニティの皆さまが負担なく居住・利用できるよう、全ての事業において公共交通機関への導線に配慮しています。

コミュニティからの雇用・調達

当社グループは、コミュニティの持続的な発展と継続的な信頼関係の構築のため、事業を行う地域コミュニティからの雇用・調達を推進しています。
特に、ホテル事業においては、地域の特産品の活用、海外事業においては現地雇用を積極的に実施しています

実績

推進への取り組み

設定目標に対する 2018 年度の実績は以下の通りです。

※注釈がない場合、報告対象範囲は当社グループになります。

コミュニティを活性化する設計・デザインの拡充

2017年度 2018年度
新築住宅における
地域貢献施設設置物件
4件 3件

運営・管理におけるコミュニティ活性化支援の取り組み

2017年度 2018年度
分譲住宅における
入居前交流会開催件数
40件 56件
テナント企業
交流イベント開催件数
100件 101件
地域交流イベントの開催件数 29件 52件