OUR HISTORY
当社グループの歴史

SCROLL

デベロッパーとしての使命を果たし、社会に資する“未来につながる街づくり”と“豊かな時の育み”を。

当社グループは創業から60年超にわたり、お客さまや社会が抱える課題に正面から向き合い、
事業を通じてその期待に応え続けてきました。
これからも持続可能な社会の実現に寄与すべく、変革と挑戦を続けていきます。

  • 1957

    野村證券から分離独立、ビルの賃貸・管理を主業務として不動産事業を開始

  • 1961

    「鎌倉・梶原山住宅地」の開発で、デベロッパー事業を開始

  • 1963

    「コープ竹の丸」の建築で、マンション分野に進出

  • 1978

    「新宿野村ビル」竣工
    本社を日本橋から移転

  • 1988

    民間単独では最大級の業務系開発「横浜ビジネスパーク(YBP)」着工

  • 2002

    住宅の統一商品・サービスブランド「プラウド」を発表

  • 2006

    野村不動産ホールディングスが東京証券取引所市場第一部に上場

  • 2007

    大規模高機能型物流施設Landportシリーズ第1号「Landport厚木」竣工

  • 2008

    PMOシリーズ第1号「PMO日本橋本町」竣工

  • 2008

    NREG東芝不動産が野村不動産グループ入り

  • 2010

    「日本橋室町野村ビル」竣工

  • 2011

    郊外型マンションブランドオハナシリーズ第1号「オハナ八坂萩山町」竣工

  • 2012

    都市型商業施設GEMSシリーズ第1号「GEMS渋谷」竣工

  • 2013

    「ボーノ相模大野」オープン

  • 2015

    野村不動産グループ各社が連携しサービスを提供する会員組織「野村不動産グループカスタマークラブ」発足

  • 2015

    野村不動産投資顧問が運用する上場3REITが合併し、新たに野村不動産マスターファンド投資法人が誕生

  • 2017

    サービス付き高齢者向け住宅シリーズ第1号「オウカス船橋」開業

  • 2018

    直営ブランドホテルNOHGA HOTELシリーズ第1号「NOHGA HOTEL UENO」開業

NEXT STEP

社会環境の変化や多様なニーズ、社会課題を見据え、
これまで培った強みを活かした革新的な事業やサービスの提供を通じて、
お客さまや社会への新たな価値を提供し続けます。

私たちが取り組む
4つの価値創造のテーマ

1

  • ■お客様のニーズの一歩先を行く商品・サービスを提供し、豊かなライフスタイル・ワークスタイルを実現します
  • ■「PROUD」「PMO」「OUKAS」など、独自のマーケティングとポジショニングで創造してきた価値を、新たな事業分野でも展開します

2

  • ■多機能な街づくりを通じて、「利便性」「快適性」「安心・安全」に優れた暮らしを提供します
  • ■都市型コンパクトタウン、駅前再開発等、様々なエリア・形で多機能な街づくりを推進します

3

  • ■環境に配慮し、また地域社会と共に繁栄するサスティナブルな街づくりやコミュニティ形成を実現します
  • ■デジタルテクノロジーを活用し、より一層便利で快適な未来を創造します

4

  • ■国内で培った良質な商品・サービスを、アジアを中心にグローバルに展開します
  • ■マーケットインの発想を海外でも徹底し、現地パートナーとともに、各国のライフスタイル・ワークスタイルに向き合った事業を展開します