左上のグラフは、四半期毎のマンション・戸建てを合わせた住宅分譲の契約数を表したグラフです。当第3四半期は、1,453戸契約を積み上げており、引き続き販売状況は堅調に推移しています。
右上のグラフは、通期の計上予定戸数に対する契約の進捗率を示しています。今期の7,000戸に対する第3四半期末時点での契約進捗率は、96.8%と順調に推移しています。更に来期計上分でも既に3,345戸を契約済と、販売スピードを維持しています。
左下のグラフは、計上戸数と粗利益率を示しています。粗利益率は、建築費の上昇を受け、20.4%と低下傾向に
ありますが、引き続き高い水準を維持しています。
右下の用地取得については、この4月から12月までで4,000戸を取得し、来期以降のストックで1万7,500戸を
有しています。