仲介・CRE事業において、当第3四半期は、前年同期と比べ、減収減益となりました。これは主に、売買仲介における取扱件数・取扱高が減少したこと等によるものです。
ただし、足元の状況では、リテール部門・ホールセール部門ともに堅調に推移しています。