会社案内事業概要

野村不動産グループは、野村不動産をはじめとする各グループ会社によって構成されており、主な事業内容は「住宅事業」「賃貸事業」「資産運用事業」「仲介・CRE事業」「運営管理事業」で構成されています。

  • 住宅事業

    マンション・戸建住宅・再開発などの開発・分譲事業を行っています。製販管一貫体制の強みを活かし、「プラウド」ブランドに加え、首都圏では「オハナ」ブランドを積極展開しています。

    上記事業に関わるグループ企業

  • 賃貸事業

    オフィスビルや商業施設を保有・賃貸しています。また、投資家向けの収益不動産開発として、オフィスビル「PMO」をはじめ、商業施設・物流施設など多彩な開発メニューを展開しています。

    上記事業に関わるグループ企業

  • 資産運用事業

    運用資産1兆円超の規模を持つ国内最大級の不動産投資運用会社として、投資法人や私募ファンドなどからの委託による資産運用業務を行っています。

    上記事業に関わるグループ企業

  • 仲介・CRE事業

    個人仲介においては、首都圏を中心とした店舗網とWebサイトを通じて住み替えニーズに応えています。法人仲介では法人の多様な不動産ニーズにお応えしています。

    上記事業に関わるグループ企業

  • 運営管理事業

    住宅・オフィスビルなどの管理やプロパティ・マネジメント業務を行っており、建物の資産価値と収益の向上に取り組んでいます。また、スポーツクラブ「メガロス」の展開や、今後はシニア住宅の運営も行っていきます。

    上記事業に関わるグループ企業